fc2ブログ

未分類

父子のマレーシア紀行(第15回)

 ←父子のマレーシア紀行(第14回) →父子のマレーシア紀行(第16回)
こんにちは。社長です。
いよいよ大詰めを迎えてきましたマレーシア紀行のレポート。今回は最後の夜までの内容です。
博物館を後にした私たちはペナン市内の街を散策する事となりました。リンタクでチャイナタウン内を暴走(??)に近い迫力で約40台の台数で激走しました。乗り心地は悪くありません。チャイナタウンの中には中国映画で見るような町並みがそこら中に再現されていました。そんな中にも一流ブランド品のお店も沢山ありました。中には入り口近くにショットガンを持った警備員のいるお店も何店かありました。
旅行15-1(海が綺麗にみえます。)
旅行15-2(チャイナタウンを激走する日本人観光客集団)
旅行15-3(町中を散策しています。)
 街の中は英国風だったり、中国風だったり、インド風だったりして不思議な町並みなんですが、その違和感がだんだん特徴的町並みだなあ~と思える位に、こちらが見慣れてきました。
旅行15-4(モスク前)
旅行15-5(英国風な町並みです。)
 次に向かいましたのは、Leong San Tong Khoo Kongsi Penangという世界遺産の建物を見学に行きました。素晴らしい芸術品が沢山保管されており、お祭りの時は更に盛大になるとの事でした。
旅行15-6(歴代の皇帝が用いた漢字が掲示されてある。)
旅行15-7(お祭り時にはライトアップられるらしいのです。)
旅行15-8(素晴らしい壁画①)
旅行15-9(水墨画の描かれた壁)
 壁画は様々なタッチで描かれていますが、全てが何かの功徳に関する戒めの様なお話になっているのです。何時まで見ていても飽きないものばかりでした。世界遺産に指定されているので、館内をクーラー完備にする場合にも外観の建築様式に手がいれられない為に、保冷性が悪くなるためクーラーはありませんでした。防犯のための窓も外観に手が加えられない為、極めて不経済な手の入れ方が施されてありました。
旅行15-10(調度品の数々)
 この日、天候は快晴で、且つ相当な暑さとなり「歩き」で街を移動するには不向きのような状態でした。1人、1人と散策を断念してバスに戻る方も出てきました。それからはチャイナタウンを散策しながら中国系のお寺、教会等を散策したのです。
旅行15-11(入り口に大きな線香の立つお寺)
旅行15-12(チャイナタウンの町並み)
旅行15-13(今度はキリスト教の教会です。)
 芝生が綺麗に手入れされた素敵な教会でした。ここからバスに乗車して暫く移動し、水上に長屋を造って暮らす水上民族の長屋を見学しました。
旅行15-14(水上民族の長屋の通路にて)
旅行15-15(水上民族の長屋にて)
 ここでは生活用排水や汚水はそのまま海に垂れ流し状態との事、どうりで床下にいる魚たちがまるまる肥えているのがうなずけます。
旅行15-16(ガイドの泰さんと休憩を兼ねてアルコールタイム)
 水上民族の長屋からバスで再度移動して、夕食までに2時間強の時間があったのでペナン一の大型ショッピングセンターにやってきました。父は母に香水を購入し、テラスで泰さんと熊本の中村社長と私、それにガイド仲間とテイタイムにしたのですが、私たちはアルコールタイムとなりました。今回の旅を振返りいろいろな意味で泰さんにお礼を伝えて、日本語を学びに日本に留学してた頃の苦労話を聞いたり、泰さんに直接頼んで旅行したい、等の気持ちを伝えて会話に盛り上がっていたらあっという間に夕食の時間となってしまい、みんなで夕食の場に移動しました。
旅行15-17(マレーシア最後の夕食です。)
 この日、ツアー参加者の女性に1人誕生日がいらした為、泰さんより誕生日ケーキのプレセントがあり、ツアー参加者全員でのハッピーバースデーの大合唱が店に響きました。小さなケーキを全員分に切って、おっそわけを頂きました。食事はフカヒレ等の豪華食材の入った中華コースでした。父は紹興酒をボトルで2本やっつけてしまいました。1つになっていた参加者たちは最後の夜を惜しむ様にいつまでも盛り上がっていました。
旅行15-18(バスの駐車場まで週末の繁華街を歩きました。)
 バスに戻って再び2つのホテルに戻りました。翌日は出発が早いため、午前4時半にロビー集合との連絡を受けて,部屋に戻り荷造りを済ませてシャワーを浴び、その夜は早めに休みました。
 いよいよ次回は旅立ちの朝です。日本を目指しての移動が始まります。お楽しみに・・・・・・・!




















スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[父子のマレーシア紀行(第14回)]へ [父子のマレーシア紀行(第16回)]へ