fc2ブログ

未分類

父子のマレーシア紀行(第10回)

 ←父子のマレーシア紀行(第9回) →父子のマレーシア紀行(第11回)
こんにちは。社長です。
早いものでマレーシア紀行も漸く中盤に入ってまいりました。昨日のご紹介でスリムリバー駅に到着した私たちは先回りしていたバスに乗り込み、一路キャメロン・ハイランドへと向かいました。キャメロン・ハイランドは高原リゾート地で、到着までには蛇のようなクネクネの上り坂を2時間近く移動しました。
旅行10-1(紅茶畑が綺麗に刈り込まれていて綺麗でした。)
 カーブを登ってゆくと右も左も紅茶畑で、静岡の茶畑さながらの光景です。中腹のカフェにトイレ休憩で停車したのでカフェに入ってアイステイーと手作りビスケットを頼んで店でお茶をし始めたら、「現地の水で大丈夫ですか?」と参加者に次々と聞かれましたが、全然大丈夫でした。(観光客の事もあるのでミネラルウオーターで作っている筈です。)少々甘すぎるアイステイーでしたが紅茶の味は悪くないです。
旅行10-2(アイステイーとビスケット)
旅行10-3(カフェ店内)

 それから更にバスで移動して高原リゾート地キャメロン・ハイランドに到着しました。
旅行10-5(キャメロン・ハイランドの街にて)
旅行10-4(キャメロン・ハイランドの町並み)
 到着すると早速夕食となりました。料理はマレーシア名物のスチーム・ボートという日本で言うところの「海鮮鍋料理」でした。8人くらいずつ円卓に着いたのですが、運ばれてくる料理が多くて殆ど食べきれない状況でした。チルソースをだし汁に溶いてつけて食べるのですが、最高に上手かったです。また、この地は苺も有名らしくガイドの泰さんが教えてくれた通りに、ここではビールは止めて「苺ジュース」を頼みました。絶品でした。苺本来の甘さですから口当たりも良く最高でした。
旅行10-6(スチーム・ボード)
 この後、酒好きは飲み足らないらしくキャメロン・ハイランドの町中を酒を捜して散歩兼散策をしました。その中の1人が父で、「日本酒党」であるので「日本酒!日本酒!」とわめいており、他の方にご迷惑をかけてしまいました。そんなこんなでホテルに着きましたら、ドッと疲れが出てしまいかなりのお疲れモードで就寝しました。
旅行10-7(お疲れモードの社長)
 この日泊まったキャメロン・ハイランドのホテルは中々良いホテルでした。部屋も広くゆったりとしている上に、朝晩は涼しい位に温度も下がり快適でした。因みに「酒」は肝心な専門店が日曜日であるため休みで、ビールのみ個人商店にありました。飲み過ぎはいけませんがね・・・・・・・。
旅行10-8(キャメロン・ハイランドでのホテル)
 このホテルの魅力につきましては次の回でも少々ご紹介します。お楽しみに・・・!
いよいよキャメロン・ハイランドの高原リゾートの観光をしてから、マレーシア第2の都市「ペナン」へ移動してゆきます。次回もご期待下さい。








スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[父子のマレーシア紀行(第9回)]へ [父子のマレーシア紀行(第11回)]へ