fc2ブログ

未分類

「泣く子もほめる」ほめる達人セミナー開催!!

 ←本日通院。病院で見つけたベストセラー! →経営者モーニング・セミナー・・・!
こんにちは。社長です。
 たった今帰宅した所。時間は午後10時10分です。本日は夜7時からの素晴らしいセミナーに参加させて頂きました。その名もずばり、「泣く子もほめる」ほめる達人セミナー、あなたがほめれば世界が変わる!~あなたの周りにはダイヤの原石がいっぱい~」と題して、一般社団法人:日本ほめる達人協会理事長の西村貴好氏に関西弁でテンポの良い、それでいて元気の出る素晴らしいセミナーを宮崎市市民プラザ4Fキャラリーにて受講させて頂きました。この講師はTVでも有名で、昨日も5月6日放送分の「月曜から夜更かし」の収録を終えて、宮崎入りして頂いたという名物講師なのです。明日の朝は宮崎市倫理法人会にて「モーニング・セミナー講師」に夜は都城市で講演会を終えてから、山形県に飛ばれるご予定と伺い、ただただ驚くばかりでした。
 今回はその模様を余すところなくお伝えします。
4/23/2/1(4種類の書籍販売)
4/23/2/2(今回の会場宮崎市市民プラザ4Fギャラリー)
4/23/2/3(今回、急遽司会を指名された大澤雄一郎専任幹事)
 有名講師であるため、大澤専任幹事もいつになく緊張気味でした。
4/23/2/4(セミナー参加者の風景)
 流石に平日でも来場者は多いのに驚きました。私は一番乗りで入場し講師と一番に名刺交換させて頂きました。
4/23/2/5(今回の主催者:NPO法人スマイル・シェアリング理事長:小澤理事長のご挨拶)
 小澤理事長の簡単なご挨拶に続きまして、早速西村講師の講演会に入りました。
4/23/2/6(本日の講師:西村貴好理事長)
4/23/2/7(一般社団法人日本ほめる達人協会理事長:西村貴好氏)
 トレードマークのオレンジは相手に元気を与える色であり、濃紺のスリーピースは真剣だという意味での講師の戦闘服(勝負服)とのご紹介に続いて、心地よい関西弁での講演がスタートしました。
4/23/2/8(アクションも大きく魅了されてしまいます。)
 まず、ほめる達人略して「ほめ達」の提唱する「ほめる」とは、「人」「モノ」「起きる出来事」の価値を発見して伝える事であるそうです。「ほめ脳」で「脳力」アップを実現するものだそうです。
 びっくりする程に成長する人の特長として次の3つが挙げられるそうです。
①「知っているか?知らないか・・・?ではなく」今、自分が出来ているか、どうかで聞く事が出来る。
②「自分に直接関係すいるか、どいうかではなく」自分置き換えて考えてみる事が出来る。直接関係ないことだからこそチャンスと考える。業界初!の「コロ玉」(コロンブスの卵の略)が見つかる。
③「3Dを言わない」「でも」「だって」「どうせー」まずは実践から・・・!
4/23/2/9(ほめ達のロゴ)
4/23/2/10(最初のテスト映像)
 まず最初の映像テストから驚きでした。白いシャツのチームと黒いシャツのチームとのバスケットボールのパス風景の映像を30秒程度、見せられ何回パスしたかという質問に答えるというものでしたが、これが意外と難しいのです。また、その映像の中に全く関係ないものが写りこんでいた事に気付いたかどうか?と聞かれ、私は気がつきませんでした。
4/23/2/11(このテストを解説される講師)
 結局、このテストで人は極めて狭い視界で物事を見て、判断しているという事がつたえたかったのです。
4/23/2/12(2つ目のテストのだまし絵)
 これはご存知の方もあるでしょう。かなり有名な「だまし絵」ですから・・・・。ですがこの絵の2人の女性が瞬時に見て取れる方は決して多くないのも事実なのです。
4/23/2/13(色を付けてよく見れば・・・)
4/23/2/14(ほめ達3級試験の問題の1つ)
 今回、特別に講師が提唱されている「ほめる達人」の3級試験の問題を1問、ご紹介頂き受講者で挑戦してみました。
4/23/2/15(解説される講師)
 これは隣の人に褒められ、隣の人を褒めてゆくというものと、1分間で褒める言葉を書くというものでした。最高は23個を書いた2名に講師より「ほめ達Tシャツ」が贈呈されました。
4/23/2/16(気分が乗ってきて時間も延長です。)
 印象に残る言葉ばかりでしたが、ご紹介します。
 ・どうせ一度の人生なら、限りある命なら・・・・、なりたい自分になって生き切りませんか?
 ・周りの人にとって価値ある人間になる。
 ・人は二度死ぬ・・・・・・。一度は寿命。もう一度は誰からも思い出されなくなる時。
 ・二度目の寿命として人にどのような記憶を残すのか・・・・?
4/23/2/17(魔法の言葉「ありがとう」)
 日常で「すみません。」「ごめんなさい・」と言っている場面の殆どに「ありがとう」と置き換えてゆくと良い事が増えるそうです。
 それから人が大好きで自分だけのものの筈なのに、他人にこそ一番使われるもの・・・・「名前」。それも下の名前こそを多用すべきなのだそうです。
4/23/2/18(テンションが上がり演台を降りられた講師)
4/23/2/19(場内もハイテンションです。)
4/23/2/20(再びロゴ)
 こうして西村講師の講演はあっという間に終了しましたが、今回の為だけに特別なおまけが用意されていました。それは西村講師ご本人のご家族、小さな万年補欠のリトルリーグ所属の息子さんと、オーストラリアでクラシックバレエに打ち込む娘さんとのスカイプでのやりとりの中に見つけた、正しく誇らしい事実でした。
4/23/2/21(今回の為だけに用意されたサプライズ)
 そして実際のご兄弟のメールのやりとりの後、歌手のSEAMOの「コンテイニュー」という歌がメールの最後に添付されてあり、それを聞いた息子さんはPCの前で大粒の涙を流していたそうです。
 会場でも涙していました。
4/23/2/22(SEAMO:コンテイニュー)
 素敵な音楽に彩られた素晴らしい講演会でした。
4/23/2/23(最後に参加者をほめまくられる西村理事長)
 流石に「ほめる達人」だなあ~の一語に尽きます。
4/23/2/24(本日の社長)
 今回の印象的な言葉はまだあります。
「心の視野」を広げる。「ピンチ」にしか見えなかった状況の中で、「チャンス」を見つけられる。欠点しか見えなかった人の中に素晴らしいものを見つけられる。ダイヤの原石はそこら中にいっぱいあり、そしてその輝きの中で照り返して輝く、一番眩しく綺麗なのが・・・・・・・、「貴方」なのです。
 本当に素晴らしい講演でした。
 あっ、あと1つ、「ほめる」はくちぐせにするのが良いそうです。「ほめ達:3S+1」①すごい②さすが③素晴らしい・・・・、そして「そうくるか?」「惜しい」のこの言葉です。
 是非、実践を・・・・・・。




















スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[本日通院。病院で見つけたベストセラー!]へ [経営者モーニング・セミナー・・・!]へ