fc2ブログ

未分類

リッツ・カールトンのクレドカード

 ←人形師辻村寿三郎展に行ってきました。 →自動車保険の年齢条件細分化に伴う新料率に賛否両論!
こんにちは。本日は「本の虫」と言われる私から1つご紹介させて頂きます。
皆さんもご存じの最高級ホテル、リッツ・カールトンには沢山の成功の鍵があるといいます。なかでも私が心に留めたのは、「クレドカード」です。クレドとはラテン語で信条の意味。リッツ・カールトンは、理念や使命、サービス哲学を凝縮した不変の価値観を「ゴールド・スタンダード」と呼び、四つ折りにした名刺サイズのカードにまとめ、スタッフ全員が常に携帯しているのです。リッツ・カールトンは、クレドカードの存在によって、時流や地域に拘わらず同じサービスクオリテイを保っているそうです。
 中でも私が気に入っているのは次の言葉です。「we are ladies and gentlemen serving ladies and
gentlemen」です。この言葉にはスタッフそれぞれの誇りが感じられるのです。
 少し前に新婚旅行で海外旅行した若いご主人にこの話しをしましたら、ホテルの入り口で荷物を持ってくれたポーターに新婚旅行である事を話したら、全スタッフにこの情報が共有され会う人会う人に「新婚旅行だそうですね?おめでとうございます!」と言われたそうです。勿論、部屋も最上階の最もいいスウイートルームだったそうです。
 もし貴方が、このホテルで迷って、近くで掃除をしていたスタッフに道を尋ねたならそのスタッフは喜んで自らの仕事の手を止めて、貴方を目的の場所まで案内してくれる事でしょう。ただ道を教えるだけではなく、同行して案内してくれるのです。途中も気の利いた会話で楽しませてくれながら・・・・。心からの微笑みを添て・・・。
 私はこの話に感動せずにはいられませんでした。
 リッツ・カールトンに関する書籍は沢山出ています。是非、1冊楽しんでみては如何でしょうか?
スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[人形師辻村寿三郎展に行ってきました。]へ [自動車保険の年齢条件細分化に伴う新料率に賛否両論!]へ