fc2ブログ

未分類

日本講演新聞主催「ありがとう講演会(WEB)」開催③

 ←本日も医大通院にて診察。 →手術後、初の好物中華でランチ・・・・!!
こんにちは。社長です。
今回は、ずっと楽しく視聴させて頂いております、日本講演新聞社主催のWEBセミナー「ありがとう講演会」の今期の最終回です。
講師は私も著書のファンでもあります執行草舟氏をお迎えしての開催で、テーマは「人間は運命を超越する。~逆境を誇れ~」と題して約1時間半のセミナーです。
10/14/1
(開始時間まで表示された案内板)
早めに本社に出てきて、社長室にスタンバイして受講しました。
今回は執行先生の新刊を、日本講演新聞社よりプレゼントして頂きました。
早速、楽しませて頂こうと思います。
程なくして定刻となり、司会進行役の若い2人の登場です。
10/14/2
(日本講演深部社のWEB進行担当の元気大使の2人)
いつものように元気なご挨拶とPC等の画面前の皆さんへ呼び掛けしてくれました。
今回は編集長の水谷さんは執行先生のオフィスにおられます。
10/14/3
(執行先生のオフィスからご参加の水谷編集長)
会長の松田くるみさんは主張先の北海道からのご参加です。
本日も300名ほどのご視聴だそうです。
いよいよスタートですが、まずは簡単に執行先生のご紹介を元気大使の2人が行ってくれました。
10/14/4
(本日の社長)
10/14/5
(これまでの2回のありがとう講演会の振り返り)
10/14/6
(本日の執行先生のプロフィール)
10/14/7
(執行先生が経営されておられる食品会社のビルの様子とご自身所蔵の美術品の美術館の紹介)
氏は多彩である上に、常人ではとても太刀打ちできない読書家であり、何より純文学をこよなく愛するロマンチストでもある73歳の素晴らしき紳士です。
10/14/8
(数々の著書の紹介)
私も数冊、所有していますが中々難解なものも多く、文字通りと見ごたえのある作品ばかりです。
しかしながら、それが癖になるから不思議です。
10/14/9
(昨年度からYouTubeを始められたそうです。)
その始められたきっかけがまた、凄いです。
これからはAI化が進み、全てがコンピューター管理・保存となる。だからコンピューターにデータとして入れた物しか後世に残らない!だから、YouTubeで私の知識を記録しているんだ・・・!!という理由からでした。
やはり、天才は違いますね・・・??
それでは、執行先生のセミナーのスタートです。
10/14/10
(「講師」:生命論研究者:執行草舟氏)
まずは、本日のこの機会を頂けた事に大いに感謝します・・!!
と御礼を述べられ、「今日は、日本講演新聞社の水谷さんに頂いたお題に沿ってお話します!」と、口火を切られました。
事前に送られたレジュメを見ながらスタートです。
10/14/11
(まずは人生論・幸福論について熱くお話頂きました。)
印象的なお話をご紹介します。
・自分が幸福と思う事を他人に押し付けてはいけない。
・人生は決して思い通りにはいかない!・・・だからこそ逃げずに体当たりしてゆく事が大切。
・人は誰しも、生まれてから死ぬまで、前人未到の道を歩いてゆくもの。
・人生に正解があると思っている人はダメ。
・生きるという事は、危険・苦労・不幸と隣り合わせ。
・最終的には自分が責任をとって死ぬために生きてゆく道・・・・・・武士道。
10/14/12
(兎に角、素晴らしいお話の連続に聞き入りました。)
・人間は自己固有の運命を生き切らなければならぬ・・・・・超越するということ。
・人間は不合理や不幸をどう受け止められるか・・・・・・・・逆境を誇れる生き方。
・不幸を感じるのは教育によって刷り込まれた比較論
・人生最大の「問い」・・・・生涯考え続ける。
・お前の知らぬものに到達するために、おまえの知らぬ道を行かねばならない・・・(サンファン・デラクルス)
・不幸の中から生み出された幸福(自分で作るもの)・・・・その人の生き方。
10/14/13 
(僅か8歳で出会った武士道を記した「葉隠れ」に共鳴!!)
僅か8歳でであった武士道の本に共鳴し、そこに自分の生きる道をみつけられたそうです。
・受験と人生は変わらない。
・人生に「答え」を求めてはいけない。
・自分への「問い」を見つける人こそが成功する・・・・・死ぬまで答えは出ない!(仮に答えを見つけたら、生命体は死ぬ)。
・「問い」を見つけるために重要な事3つ
①絶対に曲げることのない1つの信条を持つ事。
(つまらないことでも、悪い事でもよい。何でもいいから、魂の奥底から思う事)
②自分だけの圧倒的なものを築き上げねばならぬ。
(絶対に曲げぬものを貫くと、圧倒的なるものは必然的に身に付いてくる)
③死する日まで、絶対に満たされてはならないこと。
・・・・・この3つです。
10/14/14
(様々な書籍から、素晴らしい言葉を引用)
・「しかし必要なことは、ただ1つしかない」・・・・(ルカによる福音書:10章42節)
・「真の愛は、苦しみの中にしか存在しない」・・・・(ミゲール・デ・ウナムーノ:生の悲劇的感情)
・「これは狂気かもしれない、しかし筋が通っている」・・・・・(シェークスピア:ハムレット)
・「墓に入る日まで、独立であらねばならぬ」・・・・(内村鑑三:日記)
・「わたくしは、1つの夢に生涯を賭けました」・・・・・(中河与一:天の夕顔)
・「生きたらばただこれ生、滅きたらばこれ滅にむかいてつかうべし。いとうことなかれ、ねがうことなかれ。」・・・(道元)
10/14/15
(全く衰えない口調に、驚きです!!)
・「愛している」つもりはあるかもしれないが、愛を貫くのは難しい。
・愛とは、魂の本源に潜む宇宙的真実。
・その本源を生きる事は苦悩を生きることになる・・・・・・自己固有の宇宙的使命が分かる。
10/14/16
(事前に受け付けていた「質問」をぶつけます。)
10/14/17
(どんな質問にも歯に衣着せぬ即答で回答されます!)
「それは・・、周りを気にしているだけだ!自分の人生を生きていない!」
「仕事のこともやり、家庭の事もやり、有事の事もやり、来たもの全てやるんだ・・・!!」
素晴らしい解答です。
10/14/18
(葉隠れの中から氏は3つを生涯のテーマにされたそうです。)
・生涯の「問い」を持つ事
・忍ぶ恋
・未完であること・・・。
本当に素晴らしいお話で、アッツという間の2時間でした。
来年も日本講演新聞社が主催してくれるそうですから、楽しみにしたいと思います。
本当に有難うございました。
10/14/19
(再び、本日の社長)
最後は、恒例の「写真撮影」をみんなで行いました。
10/14/20
(執行先生の新刊を持って・・、ハイ!チーズ!!)
お疲れ様でした。






















スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[本日も医大通院にて診察。]へ [手術後、初の好物中華でランチ・・・・!!]へ