fc2ブログ

未分類

「都城市倫理法人会設立30周年記念式典」開催。

 ←宮崎県倫理法人会「令和2年度:委員長会議&役職者研修」開催。 →本日の「経営者モーニング・セミナー」(高鍋)。
こんにちは。社長です。
本日は、台風5号の接近に伴い西米良村でのボランテイアは大事をとって延期となりました。ですから夕方からの「都城市倫理法人会設立30周年記念式典」に参加してきました。生憎の雨模様で、私が高速で都城市に到着する頃には相当な降りになっていました。
7/20/1
(高速で一路、都城市を目指します。)
7/20/2
(本日の社長)
会場は、都城市のホテル中山荘です。本日は私と会長は泊まりでの参加です。
到着するとまず、チェックインしてから部屋に荷物を置いてからロビーに降りて、各単会の役員の方々や講師の先生とお話しをしていました。頃合いをみて受付を済ませてから、県からのお祝い金もお届けしました。
7/20/3
(本日の式典会場の様子)
本日は大きく分けて3部構成になっています。第一部が「記念式典」、第二部が「記念講演」、第三部が「祝賀会」です。
定刻と共に、進行役のならす開始のベルが場内に響いて賑々しくスタートです。
まずは「開会の言葉」を前会長の中山氏が述べられました。
7/20/4
(「開会の言葉」を述べる中山前会長)
盛大な拍手と共に開会です・・・!!
7/20/5
(まずは「国歌斉唱」です。)
冒頭に「国歌斉唱」を参加者全員で行いました。
次いで、吉原専任幹事よりこれまでの歩みについての「経過報告」がされました。
7/20/6
(「経過報告」される都城市倫理法人会:吉原専任幹事)
次は、30周年のお祝いに一般社団法人倫理研究所法人局:九州・沖縄方面宮内副方面長が、森本方面長からのお祝いの言葉を届けていただきました。
7/20/7
(「式辞」を述べられる一般社団法人倫理研究所法人局:九州・沖縄方面宮内副方面長)
これまでの「倫理活動」への熱い取り組みへの御礼・激励のメッセージでした。
次に、「来賓祝辞」として都城市:池田市長よりご挨拶を頂きました。
7/20/9
(「来賓祝辞」を述べられる池田宣永都城市長)
日頃から倫理法人会活動にご理解を頂いており、このたび市長が発表された「都城市フィロソフィー」の中には、倫理での学びが沢山散りばめてありました。熱いメッセージに会場が盛り上がりました。
7/20/8
(再び、本日の社長)
次に、主催者を代表して宮脇克広会長よりの「謝辞」です。
7/20/10
(「謝辞」を述べられる都城市倫理法人会:宮脇克広会長)
夏風邪を引かれたという体調不良の中、いつになく緊張された趣で、30年という大いなる歴史を背負った本会の重みを熱く感じられておられるのが伝わる素晴らしいご挨拶でした。
これからの更なる躍進を宣言されてのご挨拶でした。
第一部はこれで終了です。
「閉会の言葉」は副会長の榎木副会長が述べられました。
7/20/11
(「閉会の言葉」を述べられる都城市倫理法人会:榎木副会長)
続けて、第二部の「記念講演」です。
本日は講師に、一般社団法人倫理研究所法人局:東納英一顧問をお迎えして、「心境向上」と題して1時間の記念講演です。
7/20/12
(「講師」一般社団法人倫理研究所法人局:東納英一顧問)
まずは元気の良いご挨拶と、簡単な自己紹介、そして30周年へのお祝いのお言葉を頂きました。
「倫理実践は心境向上である。」との第一声からはじまり、力強いメッセージのスタートです。
7/20/13
(マイクを手に持たれて演台を飛び出しての熱弁です。)
心境向上とは・・・・、
 正しい朝起きから始まる。まさしく純粋倫理の実践である。
 朝起きの心境
 純情(すなお)・・・明朗、愛和、喜働の実践が心境向上につながる。
 今を生きる心境
 過去、(現在)今、未来のとらえ方。
 今の心境
7/20/14
(歯に衣着せぬストレートなお話に会場が引き込まれます。)
お話しもさることながら、ホワイトボードに次々と書いてゆかれる事がまた、素晴らしいから有り難いです。
7/20/15
(しっかりと時間いっぱいでまとめられる講師)
 心境と実践力との関係
 実践力の向上が心境向上につながる
 心境向上すれば実践力はより向上する
 本当に素晴らしいお話しを有難うございました。
以上で第二部「記念講演」が終了です。
10分の休憩時間を挟んで隣の会場に移動して、第三部の「祝賀会」です。
「祝賀会」では開始前に「余興」として、会員の山下さんのお嬢さんとご友人のお二人で「ハープとサックス」の生演奏を楽しませていただきました。
7/20/16
(「余興」のハープとサックスの生演奏の様子)
音合わせをされてからの演奏スタートです。
7/20/17
(山下会員のお嬢さん)
本当に素敵な音色を聴かせて下しました。
7/20/18
(ハープとサックスの音色に会場が格調高くなりました。)
全部で5曲の演奏を楽しませてくださいました。
お二人とも有難うございました。
7/20/19
(「祝賀会」会場の様子①)
7/20/20
(「祝賀会」会場の様子②)
7/20/21
(盛大な拍手に包まれるお二人)
それでは第三部の「祝賀会」のスタートです。
「開会宣言」は、都城地区ブロック長の森山ブロック長です。
7/20/22
(「開会宣言」をされる都城地区ブロック:森山ブロック長)
30周年という歴史の重みについて少しお話しをされてからの開会宣言でした。
次いで「乾杯」のご発声とご挨拶を県会長の大木会長が行いました。
いよいよ「祝賀会」のスタートです・・・!!
美味しいお料理と美酒で大いに盛り上がりました。
後半に30年の歴史を振り返ってのスライド集が上映されました。
7/20/23
(30年の歴史を振り返るスライド集より①)
7/20/24
(30年の歴史を振り返るスライド集より②)
7/20/25
(30年の歴史を振り返るスライド集より③)
ご紹介しましたのは本当にごく一部であり、もっと沢山の歴史を切り抜いたスライドが上映されました。また、最後に歴代の会長の肖像写真と共に、ご紹介がありました。都城市倫理法人会は、現在の宮脇会長で12代目という事です。
その歴代会長を代表して7代目会長の今村忠人氏にご登壇いただき、ご挨拶と「中締め」の「万歳三唱」が指名されました。
7/20/26
(都城市倫理法人会:7代目会長:今村忠人氏)
「もっと歴代の会長を呼ばなくては・・・!!」との苦言のあとに、今後の都城市倫理法人会の更なる発展を心から念願されてのご挨拶でした。「中締め」の「万歳三唱」には歴代の会長、県会長等も登壇しての大人数での「万歳三唱」です。
7/20/27
(「万歳三唱」の様子)
本当に盛り上がった「記念式典」でした。
皆様、本当にお疲れさまでした。
このあと、「二次会」が用意されていた様子でしたが、私は部屋に戻ってシャワーを浴びて休みました。
都城市倫理法人会の皆様、お世話になりました。
7/20/28
(三度、本日の社長)
雨は更に強くなり、耳ざわりな位でした。
翌朝は5時過ぎに目が覚めて、のんびりと準備をしてから午前7時に朝食をとりにレストランに降りて、宿泊されておられた東納講師、宮内副方面長、大木会長、山崎副会長とお話をしてから帰路につきました。
7/20/29
(帰路につく様子)
生憎の雨模様です。
7/20/30
(翌朝の社長)
帰りの車中は「ZARD」を聞きながら帰りました。

スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[宮崎県倫理法人会「令和2年度:委員長会議&役職者研修」開催。]へ [本日の「経営者モーニング・セミナー」(高鍋)。]へ