fc2ブログ

未分類

AceAcademy九州地区特別開催セミナー参加(前編)。

 ←本日の「経営者モーニング・セミナー」。 →第一回神経言語プログラミング(NLP)スクール開校。
こんにちは。社長です。
本日は福岡にて開催されますAceAcademy九州地区特別開催セミナーに参加すべく、朝の飛行機で福岡入りしました。今回のセミナーは東京で絶賛されていたものを、ミニにして九州に招聘してくれたもので、本日と9月の2回の前編・後編開催です。
 講師は東京南青山の株式会社ビジネスバンクグループの黄塚 森氏です。
6/23/1
(飛行機の時間が合わず、午前8時50分に乗ります。)
6/23/2
(本日の社長)
「それでは行ってきます・・・!!」
6/23/3
(宮崎ブーゲンビリア空港の待合の様子)
雨も上がっていましたが、福岡は「雨」と言われていました。
定刻通りに離陸です・・・!!
6/23/4
(宮崎の地を暫し後にします。)
6/23/5
(福岡空港で偶然出会ったドクターヘリ)
福岡空港から地下鉄で中洲川端まで移動しました。
会場はここから徒歩で10分程度のところに位置する損保ジャパン日本興亜(株)福岡中州ビルです。
6/23/6
(本日の会場:損保ジャパン日本興亜(株)福岡中州ビル)
早く着きすぎたので(研修は午後1時から)、守衛の方に場所を確認してからブラブラしながら早めの昼食をとりました。
6/23/7
(損保ジャパン日本興亜(株)福岡中州ビル入り口)
兎に角、福岡は宮崎より暑くて汗ダラダラです。それにポツポツと来たのでコンビニでビニール傘を買いましたが、その後晴れて無駄になりました。(1回も使用せずです。)
汗を引かせるためにミスドに入って氷菓子を頂きました。
6/23/8
(ミスドで美味しく頂いた氷菓子)
それから移動して早めのランチにしました。
6/23/9
(本日のランチは豚バラ焼肉定食です。)
美味しかったです。
そして再び、福岡中州ビルに行き少々早いのですが会場入りしました。
九州各地から続々と参集してきて定刻には満席となりました。
本日の前編では、前半を「保険代理店のブランド作りセミナー」と題して、「ミッション」と「ブランデイング」についてご教授を受けます。
6/23/10
(本日のセミナータイトル)
6/23/11
(まずは損保ジャパン日本興亜(株)九州業務部:石田昌彰代理店業務開発部長からのご挨拶)
石田部長より、今回のセミナーの趣旨説明と講師紹介を兼ねたご挨拶がありました。
それでは早速、セミナースタートです。まずは代理店の核となる「ミッション」を見直そう!です。
講師は株式会社ビジネスバンクグループの黄塚 森執行役員です。
6/23/12
(「講師」株式会社ビジネスバンクグループ:黄塚 森執行役員)
まずは氏の所属している会社の紹介と講師自身の自己紹介からスタートしました。
まずは、企業に必要不可欠である「理念」「社是」にあたる「ミッション」について深堀してゆきます。
6/23/13
(本日の参加者の皆さん)
6/23/14
(本来は12個に分類されている経営のスキルの内、今回は4つに絞ってその中の2つを本日行います。)
「会社は社会の公器であり、社会課題を解決する存在でなければならない」
「きれいごとでは経営はできないが、きれいごとがなければ経営できない」
「経営のパフォーマンス=商品力×営業力×管理力」である。
6/23/15
(冒頭に経営とは・・?について解説して頂きました。)
6/23/16
(ミッションを作るための三段構えについての解説)
ミッションを作るためには、「社会の困り事の明確化」「その困り事の解決方法」「実現したい理想の社会」の3つの観点から考えてゆくと理解しやすいとの事。
6/23/17
(ミッションから拡大していったフジフィルムの紹介)
ミクロの技術に特化した企業の力を多方面に活かした。
6/23/18
(聞き入る参加者の皆さん)
6/23/19
(花を配達してもらって、やってきた花屋の車を見て次回はどれにする・・・?)
個性と、花屋として徹底したコンセプトに乗った車に好印象を人はもつものである。
6/23/20
(まず、名刺に凝るべきだとの話から講師の名刺を例に検証)
1・名刺
2・ホームページ
3・宣伝媒体
4・すべての印刷物
これらに共通のミッションを入れ込むと効果がグンと上がる。
6/23/21
(顧客に印象つける正解はどっち?)
6/23/22
(本日の前半の終了)
小さな会社が効果的に戦略を打つためには、誰からもわかりやすいコンセプトを考えることがベストであるようです。
15分の休憩の後に、後半の「ブランデイング」についてのご講義です。
6/23/23
(ブランドの重要性についての考察です。)
6/23/24
(ブランド力のある会社とない会社の比較を図解したもの)
6/23/25
(全員で広く人々に周知されている企業は何が違うかを考えてみた。)
6/23/26
(夫々がプロデユーサーになったつもりで売り出す方法を考えてみましょう!)
6/23/27
(スープを専門に扱う企業では理想のお客様というものを作って、それを細部にまで条件を付けてみた。)
結果、「秋乃つゆ(37歳)」という理想の顧客キャラクターまで誕生させたのです。
6/23/28
(AKB48を売り出した時の秋元Pのコンセプトを解析)
1・秋葉原にいるような、いわゆるオタクの方々
2・身近な存在・応援したい・育てたい
3・握手会・総選挙・写メ会・講演終了後のハイタッチサービス等
すべてが計算の上の戦略なのです。
6/23/29
(このコンセプトを立てる上で必要なもの)
A:顧客 B・商品・自社 C・評価
「顧客が会社を評価している」という風にさせる。
6/23/30
(○○業界の○○というコンセプト)
例はビール業界のハーレーを目指した新規参入会社
6/23/31
(独自のアピールを作りましょう!)
1分で自社を紹介できる文章、20文字で自社を語れるスローガン、1秒で自社を語れるアイコン等について研究しました。
6/23/32
(再び、本日の社長)
6/23/33
(キャラクターを作ってみるという効果的な手法)
6/23/34
(忘れられないような印象を残すという方法の例)
地元言葉でまさかのお見送り・・・・・・・・「札幌空港の例」
6/23/35
(ブランデイングに必要な5つの力とは・・・?)
1・商品力
2・表現力
3・伝達力(拡散力)
4・チーム力
5・徹底力
(100-1=0)になる。100の価値を期待する顧客に1でもガッカリさせたら、それは0になってしまう。
だからこそ、常に101点以上の評価をもらうように努力するのである。
6/23/36
(まとめ)
6/23/37
(GOOD LUCK・・・!!)
最後はエールにも似たメッセージで今回の研修は終了しました。
黄塚講師、大変貴重なセミナーを有難うございました。
私は明日が通院日である事と、明日は鹿児島でNLPの10回の研修の1回目の受講があるので、とんぼ返りで宮崎に帰りますので、一路福岡空港を目指しました。次は9月にお会いしましょう・・・!!
6/23/39
(福岡空港の待合の様子)
定刻に離陸して宮崎を目指しました。
6/23/38
(三度、本日の社長)
お疲れさまでした・・・!!
6/23/40
(福岡を離陸した飛行機の窓から・・・)








































スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[本日の「経営者モーニング・セミナー」。]へ [第一回神経言語プログラミング(NLP)スクール開校。]へ