fc2ブログ

保険生活センター電脳支店

生命保険・損害保険・積立・ローン等のお金に関する総合コンサルタントオフィス、保険生活センターの電脳支店で、数々のお悩み相談の実施、保険設計・見直し、読み物等の有益情報を皆様に広くご提供致します。

延岡市倫理法人会主催「令和6年度:倫理経営講演会」開催。 

[ 未分類]

こんにちは。社長です。
本日は、夕方から延岡市倫理法人会主催の「令和6年度:倫理経営講演会」が、延岡市のマリエールオークパインにて開催されました。仕事を早めに切りあげてから、延岡市を目指して移動しました。
4/10/1
(本日の会場:マリエールオークパイン)
約1時間前に到着しました。
今回は一般道で来てみました。
4/10/2
(本日の社長)
早く到着したので、ロビーで延岡市の倫友と談笑して時間を潰しました。
4/10/3
(セミナーを行う2F大ホールエントランス)
いつ来てもこの会場は綺麗で、お洒落です・・・!!
4/10/4
(再び、本日の社長)
会場でリハーサルを行っていましたので、エントランスで塩屋幹事長とお話していました。
あれこれと倫理活動について・・・・・!!
4/10/5
(本日のセミナー会場の様子)
いつもながら感心しますが、綺麗にスタンバイされてました。
程なくして本日のお2人の講師が到着されましたので、先にご挨拶と名刺交換をさせて頂きました。
本日の講演会は3部構成です。
第一部が「事業体験報告」、第二部が「倫理経営講演会」、第三部が「懇親会」となっております。
4/10/6
(本日の講演会のステージ)
4/10/7
(開会を前に最終チェックをする延岡市倫理法人会:山口勝久専任幹事)
程なくして、定刻となり司会進行役の延岡市倫理法人会;山口勝久専任幹事が鳴らす開始のベルが場内に響いて、次いで開会の口上が述べられました。まずは主催者側を代表して、延岡市倫理法人会:柳田耕志会長よりの会長挨拶です。
4/10/8
(本日の司会進行役:延岡市倫理法人会:山口勝久専任幹事)
4/10/9
(「会長挨拶」される延岡市倫理法人会:柳田耕志会長)
まずは、ご参加の皆さんへの御礼のご挨拶をされ、最近、各方面より「会長挨拶が長い!と言われますので・・・・という前置きからスタート。本日の会の流れ、各講師の紹介等をされました。(結構、長かったです。)
 それでは第一部の「事業体験報告」からです。
 講話者は熊本県八代北倫理法人会所属の吉見和晃法人レクチャラーをお迎えして、「倫理活動で見つけた宝物!」というテーマで約50分のご講話です。
司会の呼び出しに元気の良い返事をされて登壇されました。
4/10/10
(第一部「事業体験報告」講師:吉見和晃法人レクチャラー)
まずは自己紹介、事業紹介、倫理歴について簡単に紹介され、本日、延岡まで来られた道すがらのお話からされました。
氏のお仕事はご両親が創業された自動車修理・販売業の2代目さんです。
ご両親も健在で共に働いておられ、そのほかに2人姉、氏の嫁、氏の長女・・・・という具合に、「嫁」「姑」「小姑」「子」と仕事しているやりやすいのか?やりにくいのか?という環境で仕事をしています・・・!!
という自己紹介から、このような感じなのでちょくちょくぶつかってしまい、喧嘩やもめ事が絶えません・・・!!
そこで・・・倫理なのです・・・!!
と、お客様からの勧めで入会された事を話されました。
4/10/11
(終始、笑顔で話される氏)
倫理で救われた主なものが2つあるそうです。
①「活力朝礼の効能」・・・・・農業法人の方々が早朝から行っていた活力朝礼を見学され、通われて導入されたそうです。
②万人幸福の栞を読み深め、「創業者の思いに出会う」
 これには、MSで講師から聞いた「親の足洗い」を実践され、足を洗いながら創業者である両親から苦労話を聞く機会を得て、涙が流れたのを皮切りに、創業者の思い・・・というものを垣間見る事が出来たそうです。
 当初、拒んでいた母親も仲良く昔話をしながら足洗いしている2人を見ていて、ついに母も足洗いを承諾し、創業の頃の2番目の姉を出産した頃の話などを聞かせて貰えたそうです。
 本当に氏の人柄が前面に出た素晴らしい実践報告でした。
 大きな拍手と共に終了しました。
 ここで、今回の講演会での推薦図書の「図書紹介」です。
 担当は、延岡市倫理法人会:多田恵美幹事です。
4/10/12
(「図書紹介」をされる様子)
 それでは、第二部の「倫理経営講演会」です。
 講師は、一般社団法人倫理研究所:法人局:川又 久万名誉専任研究員をお迎えして、「経営力を磨くー時代が求める心の経営ー」と題して、約1時間のご講話です。
4/10/13
(第二部「倫理経営講演会」講師:一般社団法人倫理研究所:法人局:川又 久万名誉専任研究員)
まずは、第一部の吉見レクチャラーの報告の感想と倫理観について解説して頂きました。
「まさに倫理!!」と、研究員に言わせしめたレクチャラーの事業体験は本当に素晴らしいものでした。
まずは、「純粋倫理」についてイメージしてもらうために開設して頂きました。
4/10/14
(「純粋倫理」の解説をされる氏)
・「リーダーの教育力」:集団を率いるリーダーにとっても、教育力は不可欠の要件である。たとえば経営者がそうだ。教育力の乏しい経営者が率いる企業に、人材は育たない。人材が育たない企業に発展はない。真の発展を目指すのであれば、経営者やトップは、みずから教育力を高めることが必要になってくる。
・「社長の器」:企業も事業も「人なり」と言われます。とくに会社・組織のトップである経営者の人間力が、経営を左右します。「会社は社長の器以上に大きくならない」と言われるのもそうで、「器」とは人間力の大きさにほかなりません。
・「魅力的なリーダーたち」:企業経営者をはじめとする魅力的なリーダーたちは、明るく、素直で、偉ぶらず、阿ることがない。前向きで、融和的で、穏やかで、優しい。その人格が無私の精神に裏打ちされているからこそ、そのような人間性が発露するのだろう。
・「倫理経営とは」:「経営者が純粋倫理という生活法則をよりどころ、手本にして、トップリーダーとしての人間力を磨き高める、その力を土台にした経営である」
・・・前段、解説内容・・・・・。
4/10/15
(「万人幸福の栞」の17ケ条についても簡単に解説して頂きました。)
・「心の経営」:純粋倫理は行為する人の外形ではなく、内面の心のありよう、気持ちの持ち方に基づくところに、きわめて大きな特色がある。心(気持ち)の持ち方で行動が変わる。行動が変われば、事の成り行きも変わってくる。人の出会いが変わり、境遇や運命までも変わってくる。倫理経営は、心の生活法則(純粋倫理)に基づいた経営であるゆえに「心の経営」と呼ぶことができる。
・「苦難の本質」:苦難は人を苦しめるためでも、殺すためでもない。正しく生かし、ほんとうの幸福の道にたちかえらせるためのむちであり、照明であるのです。
・「人は鏡」:目上が目下に対してもつべきものは、愛である。長上者としてもつ愛といえば、聖人賢者の愛のようなものを考えて、尻込みする場合がないでもない。だが実はそうではない。実践は、簡単なところから始まる。目下のだらしなさを、喜んで始末してやることである。そうした心になった時、事情は好転してくる。この愛の真心を知った時、人は自ずからにして変わらざるを得ない。
・「事業家の要件」:事業は欲心で左右されるようなものではない。ただせずにはおられず、仕事そのものがすでに無上の喜び、無限の恵みであって、歓喜にみちて働く、そこに事業はおのずから成功し、金銭は自然に集まるのである。
・・・以上、後段、解説より。
素晴らしいお話を有難うございました。
4/10/16
(本日、最後の社長)
お2人とも素晴らしいお話でした。有難うございました。
また、延岡市倫理法人会の皆さん、準備等々、ご苦労様でした。
「懇親会」は失礼させて頂きます・・・!!
















スポンサーサイト



▲PageTop

本日の「経営者モーニング・セミナー」(高鍋)。 

[ 未分類]

こんにちは。社長です。
本日は水曜日・・・。我等、高鍋倫理法人会主催の「経営者モーニング・セミナー」の開催日です。いつものように午前4時に起床して、身支度を整えて会場であります隣町ホテル四季亭へと向かいました。本日は、長年いろんな方が講話のお願いに足を運んでいた待望の(株)ドライアップジャパン:代表取締役会長の瀬川幸三郎氏をお招きしての開催が実現しました。
4/10/1
(モーニング・セミナーの案内板)
いつものように午前5時に会場に到着して、モーニング・セミナーの準備を行いました。
本日は、松木県会長、塩屋幹事長も応援参加して頂きました。
程なくして司会進行役の高鍋倫理法人会:山内和彦専任幹事が鳴らす開始のベルが場内に響いて、次いで開会の口上が述べられました。
4/10/2
(本日のセミナー会場の様子)
4/10/3
(本日のセミナー参加者の皆さん)
4/10/4
(本日の司会進行役:高鍋倫理法人会:山内和彦専任幹事)
本日は、外部講師であり特別講師だからか、妙に緊張していました。
まずは、本日の参加者全員で倫理法人会の詩「夢かぎりなく」斉唱からスタートです。
4/10/5
(倫理法人会の詩「夢かぎりなく」斉唱中!)
早速、登壇されましたのは、「朝の挨拶」「十七ケ条唱和」「万人幸福の栞輪読」リーダー:高鍋倫理法人会:石川 健会員です。
4/10/6
(「朝の挨拶」リーダー:高鍋倫理法人会:石川 健会員)
もうすっかり慣れられたご様子です。
4/10/7
(粛々と輪読される様子)
テンポよく輪読が続きます。
次は、当会の「顔」であります高鍋倫理法人会:中岡登志会長によります「会長挨拶」です。
4/10/8
(「会長挨拶」される高鍋倫理法人会:中岡登志会長)
本日は、先週の黒木敏之顧問の講話の後のシェア会で、顧問からあった素敵な言葉が覚えられずに気になっていて、本日も顧問が参加されておられるので改めてその言葉を軸に「会員スピーチ」を無茶ぶりされました。
 勿論、黒木顧問は快くお引き受けになりました。
 それでは本日も恒例の「元気注入の儀式」です。
4/10/9
(「元気注入の儀式」スイッチオン!!)
もう皆さん・・・、楽しみにしておられるご様子です・・・・・・!!
次は、中岡会長よりの見ちゃぶりで急に入れられた「会員スピーチ」です。
担当は勿論・・・この方・・・・・・、黒木敏之顧問です。
4/10/10
(中岡会長の無茶ぶりだった会員スピーチえを行われる高鍋倫理法人会:黒木敏之顧問)
 会長が気にされていた言葉を御紹介します。
・知識は読んだ本の内容に比例する、智慧は経験と体験に比例する、情報は歩いた距離(動いた距離)比例する。)
本当に素敵な言葉です。
4/10/11
(「特別講師」:株式会社ドライアップジャパン代表取締役会長 瀬川幸三郎氏)
昨日は、4年間尽力してこられた地元の公民館長の任期が満了し、有志でお祝いの会を開いて下さり早い時間から4人で飲んでおられたという事。そこに本日の講話の確認として、事務局の女性が電話を入れ、「あまり飲み過ぎないで下さい!」と釘をさされたそうです。そのお話からのスタートです。
 講話のテーマは、「私の生き方の原点おカノばあちゃんと宗一郎さん」というタイトルで約45分の講話です。
 まずは、ご自身の自己紹介を兼ねてあの本田技研工業に捧げた25年の軌跡をお話頂きました。
本田技研から佐土原町のホンダロック社が開設されるまでのご苦労、そこでのホンダロック社社長との考えの違いから意見すると、インドネシアに左遷されそうになるも社長から引き留められるが部下に伝えていたのでそのまま退職し、頂いた退職金を元手に現在のドライアップジャパン社を立ち上げられ、様々な部門からのアイデアで「誰かがよくなれば・・・」と特許を出願し続け、現在17個目の特許を出願中との事・・・・!!
 その代表的なものが、皆さん周知の「押し花電報」のあの押し花の技術の特許もお持ちだそうです。
 場内が騒めきました。
4/10/12
(独特の語り口で話される氏)
本田宗一郎氏から学んだ言葉を幾つかご紹介されました。
・「何事も否定から入る者は辞めろ!」
・「3割考えたら始めろ!半分来たら周りを見回せ!」
・「3つの町に拠点を置け!」
・「必ず3本足で立て!」
こうした本田イズムを忠実に履行してこられた氏の基盤になっていたのは、カノばあちゃんからの教えだったそうです。
その教えから少しだけご紹介します。
・人生は・・・、「会うたほず、寝たほず、笑ろうたほず」
・「人は必ずやがて死ぬ。いつ死ぬかは神様が決めるから自分で死んではいけない!」
・「どんな死に方かは、お前の生き様さ!」
・「喧嘩はしてもいいが、人の気持ちは叩くな!」
どれも素晴らしい言葉ばかりです。
この2人の教えを胸に、日々アイデアを膨らませておられる氏なのでした。
4/10/13
(「連絡事項」を伝える高鍋倫理法人会:鈴木 茂事務長)
本日も沢山のご参加を賜り、誠に有難うございました。
最後は参加者全員で「誓いの言葉」を斉唱しました。
勿論、リーダーは私が行いました。
4/13/14
(本日の社長)
















▲PageTop

日南市準倫理法人会主催「経営者モーニング・セミナー」にて講話。 

[ 未分類]

こんにちは。社長です。
本日は、日南市準倫理法人会主催の「経営者モーニング・セミナー」に講師として招かれ、お話をさせて頂きました。
昨夜から「ひなたの宿」に前泊して、日南市準倫理法人会の後藤会長等皆さんに歓待して頂きました。
4/5/1
(前泊で到着した日南市「ひなたの宿」正面)
早めにチェックインして、ゆっくりと足を伸ばしました。
4/5/2
(本日の社長)
ロビーでウエルカムドリンクのマンゴージュースを頂きました。
とっても美味しかったです・・・!!
4/5/3
(「ひなたの宿」ロビーの様子)
4/5/4
(再び、本日の社長)
程なくして、荷物を持って指定された部屋に入りました。
4/5/5
(本日宿泊の部屋の様子①)
広々として、素敵なお部屋でした。最上階の綺麗なお部屋でした。
4/5/6
(本日宿泊の部屋の様子②)
窓の外のロケーションも素敵でした。
夕方に後藤会長、荒武相談役が迎えに来られて日南市内の焼き肉店で歓待頂きました。
本当に楽しかったです。
翌日のモーニング・セミナーは、午前5時を目途に会場に入りました。
4/5/7
(本日のセミナー会場の様子)
後藤会長、松本幹事、黒木専任幹事、中島副幹事長補佐が来られていて、準備をされていました。
程なくして進行役の松本幹事の鳴らす開始のベルが場内に響いて、次いで開会の口上が述べられました。
いよいよ日南市準倫理法人会の「経営者モーニング・セミナー」のスタートです。
まずは本日の参加者全員で倫理法人会の詩「夢かぎりなく」を斉唱しました。
4/5/8
(「朝の挨拶」リーダー:日南市準倫理法人会:増田相談役)
早速、登壇されましたのは、「朝の挨拶」「十七ケ条唱和」「万人幸福の栞輪読」リーダーの日南市準倫理法人会:増田相談役です。
 次は、日南市準倫理法人会の「顔」であります後藤会長よりの「会長挨拶」です。
4/5/9
(「会長挨拶」される日南市準倫理法人会:後藤会長)
この日は、夫婦の事が書かれた章を輪読したのですが、独身の会長にはあまり響かなかったみたいです。
 次に、私が「倫理観を盛り込んだ講話の作り方①」というタイトルで、約45分の「講話」をさせて頂きました。
本当に有難うございました。
4/5/10
(三度、本日の社長)
人数は少なくて寂しかったのですが、大変熱心に聴いて下さいました。
本当に有難うございました。













▲PageTop

佐土原準倫理法人会主催「令和6年度:倫理経営講演会」開催。 

[ 未分類]

こんにちは。社長です。
本日は、夜7時より佐土原準倫理法人会が主催する「令和6年度:倫理経営講演会」が開催されました。全部で3部構成となっており、第一部が「事業体験報告」、第二部が「倫理経営講演会」、第三部は役員と講師とでの「慰労会」です。開始時間がいつもより少々遅い7時から佐土原文化センターにて開催されました。
 生憎の雨でしたが、多くの方々が参加されました。
4/3/1
(本日の講演会会場の様子)
私は30分前に到着しました。
講師の戸田先生とは久方ぶりの再会でしたので、直ぐにご挨拶させて頂きました。事業体験報告者の方も同年代の様子でしたのでお話し易かったです。
4/3/2
(本日の参加者の皆さん)
程なくして定刻となり、本日の進行役であります佐土原準倫理法人会:黒木幹事の鳴らす開始のベルが場内に響いて、次いで開会の口上が述べられました。
 早速、主催者側を代表して佐土原準倫理法人会:水谷謹人会長よりの「会長挨拶」です。
4/3/3
(本日の司会進行役:佐土原準倫理法人会:黒木幹事)
堂々たる進行でした。
4/3/4
(いよいよのスタートに緊張感が高まります!!)
4/3/5
(「会長挨拶」される佐土原準倫理法人会:水谷謹人会長)
お話のプロであります水谷会長のご挨拶は、短いながらにも心に響く・・・、そして印象に残る素敵なご挨拶でした。
それではいよいよスタートです。
まずは第一部の「事業体験報告」です。
講師には、大分県宇佐市倫理法人会より、江島 勝法人レクチャラーをお招きして、「根を張って花を咲かせる」というテーマで約50分の講話です。
4/3/6
(第一部「事業体験報告」講師:江島 勝法人レクチャラー)
大分県独特の語り口からのスタートで、そのお人柄が直ぐに分かるような誠実な方です。
2年前に「経営者の集い」の講師で宮崎市倫理法人会に来られたことがあるそうです。
緊張されておられるのがこちらにも伝わる程の熱量でした。
まずは自己紹介、事業紹介、倫理歴等について簡単にお話頂きました。
家業はガソリンスタンドを経営されていたそうですが、氏の時代にはガソリンは枯渇するだろうからサラリーマンになりなさい・・・、と父に言われ東京で就職していたが、徐々に家業が深刻な状態となり頻繁に母より電話が来るようになり、一念発起して会社を退職して家業を引き継ぐことにされたそうです。
 しかしながら、その経営状態は想像以上の悪化状態でどうにもならない状況だったそうです。そこで少しでも借金返済の為に・・・とからあげ専門店を立ち上げ、レシピをフランチャイズで売り込み国内10店舗位にしたがその儲けは薄く、友人からは「貴方のやっていることは事業ではない!」とまで揶揄されたそうです。
4/3/7
(「倫理」での学びを活かしてチャンスを引き寄せられたそうです。)
その後、ガソリンスタンドのタンクの老朽化に伴い、ガソリンの漏洩事故が発生し、営業停止となった。
そこでも家族会議で、修繕して継続しよう!という父母の意見を説得して、思いきって廃業した所、運命が好転して莫大な借金も返済の目途がつく事となったそうです。その後、唐揚げが世界に進出する事となりベトナムで最大の飲食業チェーン会社との業務提携が実現し、海外ではそれまで定説とされていた「技術的な肝は教えない!」というものに反目して、全てを教えた所、その正直さを買われて、そのベトナム法人が新たに行おうとした化粧品ビジネスのビジネスパートナーに誘われ、これまた利益度返しで組んだところ、後半でAmazon等でも人気となり、現在では家業のガソリンスタンドの良かった頃の売り上げの2倍の売り上げとなり、社員も120名を超える大成功を納めたのだそうです。
4/3/8
(「万人幸福の栞」の通りに動いただけです!!)
全ては、この倫理法人会のテキストであります「万人幸福の栞」にある通りに実行しただけです。
それを継続し続けたことで現在の様になりました。
今の私があるのは「倫理」のお陰です。ですから足が立つ限り、モーニング・セミナーに通い続けます!!
本当に素晴らしいお話でした。
ここで「図書紹介」です。
佐土原準倫理法人会の水浦事務長が行われました。
4/3/9
(「図書紹介」をされる佐土原準倫理法人会:水浦事務長)
 それでは第二部の「倫理経営講演会」です。
 講師は、一般社団法人倫理研究所:戸田 徹男名誉研究員をお迎えして、「経営力を磨くー時代が求める心の経営ー」というテーマで約1時間の講話です。
4/3/10
(第二部「倫理経営講演会」講師:一般社団法人倫理研究所:戸田 徹男名誉研究員)
優しい語り口で、まずは第一部の江島法人レクチャラーの講話についての「感想」を述べられました。兎に角、内容が素晴らしい・・・!!と絶賛されました。氏は倫理研究所の役を歴任され、現在では名誉研究員として、登校拒否、ひきこもり研究に関わっておられるとの事。
4/3/11
(優しい語り口とは裏腹に深い倫理の真についてお話頂きました。)
印象的な言葉を御紹介します。
・心は空間を占めていない。
・心は形がないのではかるのは難しい。
・心は空間も時間も飛び越える。
・学問では心の研究をぢてこなかった。
・「物」から「心」への転換期。
・1970年代から「心」の時代と言われ始めた。(近代文明の行き詰まり)
・日本には老舗が多い、老舗が大切にしてきたもの・・・・・・「信用」「信頼」。
・心の在り様が大切。
4/3/12
(時間いっぱい解説して頂きました。)
・心を感じる感性が必要。
・面倒・厄介・・と思わない・・!!
・私は悟ると共に直ぐに行え!と、習った。
・「ノウハウ」の経営ではなく「心の経営」。
・天網恢恢疎にして漏らさず。
・因果応報。
・神様はお見通し。
・おてんとうさまが見てる。
・馬脚を露す。
ボロを出す。
・地金が出る。
・獲れば獲られる、与えればまた与えられる。
・損無き人に儲け無し。
4/3/13
(聞き入る参加者の皆さん)
4/3/14
(すべては見えるものと見えないものがある・・・というまとめ)
素晴らしいお話を有難うございました。
盛大なる拍手と共に終了しました。
佐土原準倫理法人会の皆さん、お疲れ様でした。
4/3/15
(本日の社長)
















▲PageTop

本日の「経営者モーニング・セミナー」(高鍋)。 

[ 未分類]

こんにちは。社長です。
本日は水曜日・・・。我等、高鍋倫理法人会主催の「経営者モーニング・セミナー」の開催日です。いつものように午前4時に起床して、身支度を整えて会場であります隣町ホテル四季亭へと向かいました。本日は、記念すべき600回モーニングであり、講師には当会の顧問であります黒木敏之高鍋町長です。
4/3/1
(モーニング・セミナーの案内板)
いつものように午前5時に会場に到着して、モーニング・セミナーの準備を行いました。
一番乗りは、講師の黒木顧問でした。
4/3/2
(本日のセミナー会場の様子①)
県内各地より倫友が応援参加して下さいました。
4/3/3
(本日のセミナー会場の様子②)
程なくして司会進行役の高鍋倫理法人会:山内和彦専任幹事が鳴らす開始のベルが場内に響いて、次いで開会の口上が述べられました。
4/3/4
(本日の司会進行役:高鍋倫理法人会:山内和彦専任幹事)
大分こなれた感が出てきました。
600回という記念開催でも安定しています。
4/3/5
(本日のセミナー参加者の皆さん)
4/3/6
(テンションが高めの中岡会長)
まずは、本日の参加者全員で倫理法人会の詩「夢はてしなく」斉唱からスタートです。
4/3/7
(倫理法人会の詩「夢がぎりなく」斉唱中)
早速、登壇されましたのは、「朝の挨拶」「十七ケ条唱和」「万人幸福の栞輪読」リーダー:高鍋倫理法人会:石川 健会員です。
4/3/8
(「朝の挨拶」リーダー:高鍋倫理法人会:石川 健会員)
皆さんでしっかりと輪読しました。
4/3/9
(粛々と輪読される様子)
 次は、当会の「顔」であります高鍋倫理法人会:中岡登志会長によります「会長挨拶」です。
4/3/10
(「会長挨拶」される高鍋倫理法人会:中岡登志会長)
本日が600回記念という事もあり、いつになくハイテンションな会長でした。
講師の黒木顧問に、「よろしくお願いします・・・・!!」と深々とお願いしていました。
 それでは本日も・・・、「元気注入の儀式」です。
IMG_8902 (1)
(元気注入の儀式「スイッチオン」)
殆ど中毒です!皆さん・・・・・!!
 次は、いよいよメインの「講話」です。
 本日の記念すべき600回モーニング・セミナーを盛り上げて頂きますのは、当会顧問の黒木敏之高鍋町長です。
 テーマは、「企業経営と倫理法人会~理念は経営者の信念、社風は経営者の人格」という内容で約45分のご講話です。
元気の良い返事と共に登壇されました。
IMG_8903 (1)
(「講師」高鍋倫理法人会:顧問:黒木敏之高鍋町長)
まずは、渋谷区倫理法人会の様に元気よく、オーバーアクションにて登壇されました。
IMG_8904 (1)
(明るく楽しい倫理法人会を体現される氏)
「600回という記念の本日に、お話させて頂き機会を得て有難うございます・・・!!」というご挨拶から早速、講話のスタートです。
本日は、氏が「百年の孤独」で有名な黒木本店の4代目として経営してこられた頃のお話から、倫理法人会との出会いについての軌跡、並びにその結果の大成功についてお話して頂きました。
IMG_8905 (1)
(本日の参加者全員で贈呈された氏の著書)
氏の「焼酎一筋」の思いが一面に溢れた熱量の多い著書でした。
IMG_8906 (1)
(本日の講話のPP①)
印象的な言葉を御紹介します。
・さずかった場所、さずかった人生。
・草の根は、たとえ落ちたところが岩の上であっても、そこに根を下ろさなければならない。
・「岸壁を見失う勇気がなければ新しい大陸は発見できない。」
・人間は出会うべく人と必ず出会う。しかも一瞬遅くなく、一瞬速くない時に。
・人材育成での迷い「去っていく人に感謝する」「去っていく人に学ぶ」
・理念とは経営者の考えであり、社風とは経営者の性格である。
・正しい「人生観」「人間観」「職業観」を持つことの大切さ。
・人は誰もが認められたくて生きている。人は誰もが幸せになりたいと願って生きている。
IMG_8907 (1)
(本日の講話のPP②)
4/3/17
(本日の講話のPP③)
・「一筋に生きる」「逃げないということ」
・焼酎一筋
・醸心
・前衛
・「小よく大を制す」
・「報恩・感謝」
・「あいさつ」「そうじ」「笑顔」それが良い社風・企業文化の基本。
・社風で会社の盛衰が決まる。
・働く人の「人間性」「人格」が社風をつくる、良い社風・企業文化が会社を成長させる。
4/3/18
(本日の講話のPP④)
IMG_8911 (1)
(適度なブラックジョークも交えながらの講話)
その軽快な話しぶりに引き込まれてゆきます。
大爆笑のシーンも多々あります・・・・・!!
4/3/20
(本日の講話のPP⑤)
力で押さえつけていた氏に、鹿児島に住む義兄から「職場の教養」を紹介され、それがきっかけで倫理法人会に入会されたそうです。
4/3/21
(倫理のお話しで更にヒートアップ!!)
・倫理法人会に入会し純粋倫理を学ぶ。
・経営者としての自己革新。
・心の経営のネットワークで学びを深める。
・理念(経営者の信念・信条)の構築。
・社員教育 社内への浸透。
・経営者が人格・人間性を高め良い社風を育てる。
4/3/22
(本日の講話のPP⑥)
・倫理法人会は人間形成の道場である。
・自己を磨く、人格・人間性を高める。
・社員の成長とは「仕事の能力」と「人格」を高める事。
・社員の成長があって会社は成長する。
・会社を発展成長させ地域社会に貢献する。
4/3/23
(本日の講話のPP⑦)
4/3/24
(本日の講話のPP⑧)
・明確な理念、良い社風が「新たなものづくりへのチャレンジを生む」
・「人と大地が一体となった生き方とものづくり」
・地域循環のものづくり。
4/3/25
(最後はきちんと納められるお話上手!)
最後に・・・、私の大好きな芭蕉の句を贈ります・・・”!!
「よく見れば 薺花咲く 垣根かな」・・・・・・・(松尾芭蕉)
素晴らしいお話を有難うございました。
4/3/26
(「連絡事項」を伝える高鍋倫理法人会:鈴木 茂事務長)
最後は参加者全員で、「誓いの言葉」を唱和しました。リーダーは私が行いました。
4/3/27
(「誓いの言葉」:リーダー:高鍋倫理法人会 長澤まさ会員)
4/3/27
(本日の社長)
黒木顧問、ご多用中にも関わらず、本当に有難うございました。
大成功の600回でした。































▲PageTop

Menu

プロフィール

ミスターエルメス

Author:ミスターエルメス
FC2ブログへようこそ!
皆さんの「IF・・・」に心強くお応えします。何でもお任せ下さい。
貴方の笑顔のために、今日も東奔西走致します!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR